ミュージカル「スクルージ」初日のご報告

 

 

2015年12月4日(金)18:00~

@赤坂ACTシアター

 

ミュージカル

「スクルージ」

 

遅くなりましたが、簡単に初日のご報告です。

 

 

 

 

 

←劇場外にでかでかと畠中さん!

偏屈でケチで誰も信じない嫌われ者の老人が、クリスマスの精霊と一緒に自分の過去と現在と未来を見つめ直すことで、大切なことに気づき生き方を変えようとする…そんなクリスマスの奇跡によって、彼も、彼の周りの人々もハッピーになる素敵なミュージカルでした。

幽霊やら精霊やら出てくるところは(いい意味で)「子供だまし」的に派手で楽しい演出ですし、市村さんはさすがのサービス精神で客席の心を掴んで笑わせてくれます。実際客席内からは子供たちの笑い声がたくさん聞こえます。(幽霊の登場にびっくりして泣き出している子もいましたが)

そうやって笑いながらも、クリスマスを喜ぶ子供たちの純粋さに心を打たれて涙、クリスマスの精霊がスクルージに与える忠告が心に刺さり涙…と、意外なぐらいあっちこっちで涙ぐんでいる自分にびっくりしました。

きっと子供と大人ではまったく見える世界が違う作品だと思うのです。 

もはやスクルージ一歩手前の年齢で見ていると、幸せって自分が誰かを幸せにできるか、喜ばせてあげることができるかなんだなあ…なんて、言葉にすると照れてしまうような、そういう気持ちにさせられる作品です。 

日本のただのお祭り騒ぎとは違う、「聖なるクリスマス」を味わいに是非劇場に行きましょう!

 

そして!畠中さんがたくさんのシーンで活躍されてます!

まず幕が開くとそこはロンドンの街。子供の讃美歌から始まります。

その後ですぐに大人ソロが畠中さん!歌の輪がどんどん広がって壮大な合唱になっていくところは鳥肌ものです。

畠中さんはスクルージに借金があるスープ屋、トム・ジェンキンス。リヤカーにポットを載せて(エリザベートの「ミルク」みたいな感じ)スープを売り歩いています。

街のシーンではセンターで歌ったり踊ったり!キレのいいダンスにもご注目ください。

スクルージが精霊と一緒に見る過去や現在の幻のような光景の中にも、畠中さんが労働者やパーティーのお客として出てきますのでお見逃しなく。

 

2幕の最初は「人生で一番大切なものはお金じゃなくて優しさだ」という歌を酔っぱらいながら歌い始めます。これも街の人たちとの大合唱になっていきます。

そして最大の見せ場「Thank you very much」のソロパート!

大きなACTシアターに畠中さんのソロが響いているなんて、これぞクリスマスプレゼント!

身軽にリヤカーに飛び乗って帽子振り回したり(レミゼのアンジョルラスばり?)とにかく袖に捌けていく瞬間までずーっと歌いながら飛び回ってます。これはまた痩せちゃうかも?というぐらいハードなシーンですが、ファンとしては畠中さんの歌もダンスも堪能できてうれしい限りです。

プログラムには ”SPECIAL TALK 武田真治X田代万里生X畠中洋X安崎求X今井清隆” という座談会も掲載されていますので、是非お買い求めください!


ホリプロさん公開の開幕映像には、ラストに全員で歌うほうの「Thank you very much」が一部入っています!


ハタ坊の会からのお花は、入口から1階ロビーに下りる階段の途中にあります!

こちらもチェックしてくださいね~。

(お花企画にご賛同いただいた皆様、ありがとうございました!)







おまけ

赤坂サカスのイルミネーションがキレイです。