「VIOLET」初日のご報告

 

昨日「VIOLET」初日の2公演目(夜公演)を拝見しましたので、簡単にご報告します。

 

ネタバレになるようなことは書けませんが…面白かったです!

 

チラシのあらすじ

「幼い頃、父親の斧が顔面に刺さる事故で、大きな傷を負ってしまった女性、ヴァイオレット。数々の病人や怪我人を治癒しているテレビ牧師に会いに行くため、彼女は長距離バスに乗り、ノースカロライナ州からアラバマ州までの旅に出る。傷を消してもらい、女優のように美しい顔を手に入れる為に…」

 

1960年代のアメリカで、ずっと山奥で育ったヴァイオレットが初めての土地を目指して一人で旅するのがどれだけ勇気のいることか…。そこにある切実な思いは痛々しいという先入観があったので、勝手に想像してしまっていたキャラクターとは全く違う登場人物たちに驚かされました。

パワフルな歌、歌、歌に彩られたミュージカルです。

私は音楽のジャンルに全く詳しくないので人の受け売りですが、「テンポの速いホンキートンキー・ロック、ブルース、カントリー、ゴスペル」などバラエティに富んでいました。

 

物語はヴァイオレットが旅に出るところから始まりますが、お父さんとヤング・ヴァイオレットが回想シーンとして何度も登場します。

2幕では娘と父親の口論のシーンがあり、そのリアルな辛さ、激しさに息を飲みました。

これを3組のヴァイオレットと演じる畠中さんは本当に大変だと思います。

しかも今日から3日間は、13公演ずつ!(また痩せてしまいます~)

どうか頑張ってください!

 

ほうれんそう通信でお送りしましたが、会場周辺おせっかい情報です。

 

★川崎駅からの行き方

JR川崎駅改札を出て左側へ。

ラゾーナ川崎プラザ入口がありますので、左寄りから中庭(2Fルーファ広場)へ出てください。

そのまま直進、緑色の看板の下から建物の中へ。入って少し先の右側のエレベーターで5Fへ。(降りたところにトイレ(個室2)あります。劇場内にもトイレ(個室4)あります。)

そのまま道なりにスポーツクラブ、音楽教室を通り越した左側が劇場入り口です。

 

開演5分前には着席しておきましょう。開演アナウンスは畠中さんです!
最初から素敵な声を聴けてラッキー! 終演アナウンスも畠中さんでした。

 

上演時間は約2時間20分で、 175分 休憩10分 255分でした。

パンフレットは1500円です。畠中さんのお写真が大変カッコいいです。

巻末には座談会記事もありますので、絶対「買い」です。

 

終演後の出演者によるお見送り等はありません。(残念!)

 

 

 

ハタ坊の会からのお花です。ご賛同くださった皆様、ありがとうございました!

(会場でうまく撮れなかったので、お花屋さんからいただいた画像ですが…)