近況です!

皆様、大変ご無沙汰致しております。お元気でお過ごしでしょうか?

ゲネプロを入れると怒涛の15連続公演という過酷な舞台であった「Violet」 でしたが、おかげさまで無事に千穐楽を迎え、おまけに全公演大入りという 嬉しい結果で幕を下ろす事ができました。

今回も皆様から愛情たっぷりのお花を頂きました。毎回毎回、本当にありがとう ございます。大変な舞台でしたが、劇場の玄関入ってすぐのところにドーンと 飾ってあった皆様の愛が僕を奮い立たせてくれました!感謝!感謝!感謝!

日本初演で、全く右も左もわからない子猫の様な状態で幕を開け、 少しずつですが、本番を重ねる度に成長していった作品なのではないかと思っています。
実力だとか腕だとかを度外視して、まっさらな状態で相手と向き合い、お互いが相手の 一挙手一投足に全ての神経を注ぎ、その場で起こったリアルな感情をセリフに乗せていく・・・ 演じる上でごくごく当たり前な事が、いかに難しく、大変な事なのかを再認識させられた 舞台でした。そしてそれが楽しくて仕方ない舞台でもありました。

若い若いキャスト&スタッフに囲まれ、いろんな意味で原点に立ち返れた作品でした。
今回もまたかけがえのない仲間に出会えました。また会 える時を願って・・・。

その素敵な仲間、娘のvioletを演じていた三森千愛ちゃんから自身のライブへゲストで 出て欲しいとのオファーがあり、出演することになりました。

三森千愛2nd ソロライブ

『みっつの森の音楽会』

6/26(日)
18:30Open 19:00Start(予定)

※時間は少し早まる可能性もあります
場所は原宿ストロボカフェ

チケット3500円(1ドリンク別)

ピアニスト 小澤時史

Violet役は3人いて、それぞれが本当に素晴らしかったんですが、その中でも一番角がなく、 その分ストレートに言葉が突き刺さってくるのが千愛ちゃんでした。
まだ一度会って軽く 打ち合わせただけですが、歌は抜群に上手い彼女なので、聞かせてくれると思います。

もう一人のゲストはヤングVioletを演じていた齋藤茉優ちゃん。

今回のサブタイトルが 「カール親子の音楽会」だそうで、どんなことになるやら・・・楽しみです!

もしお時間ございましたら是非是非ご来場下さいね!待ってます!

ライブが終われば次は「ズボン船長」です。昨年に引き続き、海賊の親分ドドを演じさせて頂きます。
Violetとはうって変わった畠中洋にご期待下さい!

それでは!頑張ります!写真がなくて申し訳ありません!

畠中洋

 

※ライブ申込み方法はこちらから

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    ふうこ (日曜日, 12 6月 2016 20:05)

    畠中さん、コメントありがとうございます!

    Violet拝見しました。
    拝見する前は、ヴァイオレットは可哀想な女性だなと思っていたのですが、大切な娘を外見だけではなく心も傷つけてしまったお父さんが、もしかしたら一番苦しく辛い思いをしていたのかもしれないと感じました。
    とても消耗するお役、本当にお疲れ様でした。

    ひとりの女性の周辺の出来事という小さい世界にふさわしいシンプルで素敵な演出や、役者さん達みなさんが渾身の力で唄い、叫び、泣いている全力の心の声が伝わってきて、とても感動しました。
    畠中さんのおかげで、またひとつ素敵な舞台に出会えました。
    ありがとうございました!

  • #2

    うるる (月曜日, 13 6月 2016 00:15)

    畠中さん、Photo Messageをお寄せ下さり、ありがとうございます!
    『ジキハイ』から休む間もなく突入した『Violet』。本当に大変なスケジュールを無事に完走されて何よりです。心からお疲れさまでした。

    『Violet』、心にズキッと響く物語で、見終わった後に誰かと語りたくなる要素がたくさんある作品でした。演者さんの迸るエネルギーにも圧倒されました。
    私は一度しか拝見できなかったので、三者三様のヒロインと対峙するパパのそれぞれの違いなどは分からずじまいで、そこが少々心残りではあるのですが、畠中さん演じるパパの想い、痛切に心に届きました。
    特にわたし的に二幕のパパは涙の決壊ポイントで、まんまとやられまくり。
    畠中さんの繊細かつエモーショナルな演技、そして包容力。きっと若い方たちがVioletの期間中、たくさんのことを畠中さんから吸収されたんじゃないかな〜と思います。
    ふうこさんの右に同じで、素敵な作品に出逢うことができて感謝です。私からもありがとうございました!
    梅雨入りしてお天気が不安定な今日この頃ですが、どうぞご自愛くださいね。
    また新しい作品でお会いできるのを楽しみにしています!

  • #3

    きひろ (月曜日, 13 6月 2016 01:38)

    畠中さん、メッセージありがとうございます。

    『violet』、日本初演ということでとてもドキドキしながら伺いました!
    劇場に満ち満ちたエネルギーと歌声に圧倒され、すぐそこにいる役者さんたちの熱気にのぼせたような感覚に陥りました。凄かった!
    畠中さん演じるパパの一幕の飄々としたパパっぷり、そこからの二幕の幻と、そのどちらにも心揺さぶられて(二幕の父と娘の和解シーンに、劇中一番ぎゅっとやられました)大変なことに。
    ヴァイオレットちゃんたちは、お二人拝見しましたが、それぞれが全く違うヴァイオレット(&少女ヴァイオレットちゃん)で、またそれがとてもとてもおもしろかったです。
    ダブルやトリプルキャスト制、役者さんたちにとっては、大変なことなのだとわかっていますが、観る側としては今回とても純粋に楽しんでしまいました(^_^)
    また是非再演されて欲しいなぁと願っております。そしたら、今度は全キャスト制覇したいなと思います。

    ジキハイからviolet、ライブ、ズボン船長とスケジュールが続きますが、どうぞ素敵なシーズンになりますように!お身体ご自愛くださいませ。

  • #4

    chawan (月曜日, 13 6月 2016 08:20)

    畠中さん
    メッセージありがとうございました!
    Violetはかなり衝撃的な作品で、未だに曲はぐるぐるしているし、ヴァイオレットのセリフの意味を考えたり考えたりしています。
    3人…いえ、6人の娘とがっつりお芝居された畠中パパ、本当にお疲れ様でした!
    そんなタイミングでの三森さんのライブへのゲスト出演!本番にはなかった、ほのぼのカール親子が見られるのでは、と期待しています。

    続く「ズボン船長」も、海賊の親分にまたお会いできるのが楽しみです。
    梅雨入りして鬱陶しい日が続きますが、お身体にお気をつけてお過ごしください!
    また時々近況を教えてくださいね〜。

  • #5

    よっちゃん。 (火曜日, 14 6月 2016 00:22)

    畠中さん、メッセージありがとうございます。
    『Violet』…とてもパワフルな、そして心に残る作品だったと思います。
    感想をうまく言葉にできずもどかしいです…。
    二幕でのパパと娘の迫真の場面には本当に胸がつぶれそうでした…(T_T)
    一組のVioletしか観られなかったので別の組でも観てみたかったなぁ、と今も悔やまれます。ぜひまた再演してほしいです♪もちろんパパは畠中さんで♡
    15回、本当に本当にお疲れ様でした!!
    ライブやズボン船長とお忙しい日々が続きますがお身体に気をつけて頑張って下さい!!