「グレート・ギャツビー」東京千穐楽のご報告

 

2017年5月29日(月)12:00~


ミュージカル

「グレート・ギャツビー」

 

東京千穐楽を拝見しましたので、簡単にご報告します。


 

 

5月8日の初日から30公演目となる本日、東京公演千穐楽は平日昼間にも関わらず満員御礼!(この写真は開演20分前なのでまだガラガラですけどね!)

劇場内は熱気むんむんでした。

初日から千穐楽まで平均すると3日に1回ぐらいのペースで拝見しました。

 

ギャツビーのデイジーへの愛と執着度はじわっと上がり、罪作りなデイジーの愛らしさもUP! 

ニックは若々しさの中にも唯一周囲に気遣いするキャラとして老成した一面を見せ、トムは傲慢の裏に小心者感も醸し出し、マートルはますますトムしか見えなくなっていきました。(可哀そうなウィルソン…)

 

畠中さんのウィルソンは、初日より少しだけ若くなったというか、おじいちゃん臭さが(失礼!)抜けた分、マートルとやり直そうとしている姿に一層の切実感と哀れさが漂っていました。

最後にギャツビーを詰問するときの絞り出すような悲痛な声が胸に刺さり、一気にバーン!どぼーん!ドキュン!なのです。かわいそう過ぎる死にっぷりでした…。

 

アンサンブルの皆さんは、パーティーのシーン、もぐり酒場アイスキャッスルのシーン、次々に衣装も鬘も変えて、それぞれの世界で「生きて」いるのですが、30公演の間にどんどん自由に呼吸し始めているなあ、という変化が感じられました。

これぞ生の舞台を見る醍醐味です。

 

まだまだ愛知15公演、大阪16公演、福岡8公演と公演が続きますので、これからの変化も楽しみです!

 

5月18日(木)夜公演終演後に楽屋口で(プリンスロードのない方で)撮影させていただきました。ちょうど東京公演の半分、15公演終了!

5月26日(金)夜公演終演後に撮影させていただきました。最後の平日公演が終了し、残り4公演!