超個人的感想

 

実は2010年の音楽座Rの公演を拝見した時は、お佳代のハードすぎる運命と、悠介以外の人々、中でもマスター夫妻がお佳代をあっさり見捨ててしまったことが結構ショックで気持ちが引いてしまった記憶があります。
今回はそういう流れであることがわかって観ていたこともありますが、彼らは佳代をかわいがっていただけにスリだった過去を知って裏切られたような気持ちが大きかったんだろう、と。 

それにもし自分がマスター夫妻の立場だったら…? 知っていたはずの佳代が殺人をした、という生理的な拒絶感がまずあるのは当然かもしれません。許したり受け入れたりできるのはその後のことだと思えました。

だからこそ最初から佳代をすべて包み込もうと決意できる悠介の大きさがすごい!です。


このシーン、初日と千穐楽では春江(濱田めぐみさん)のお芝居がずいぶん変わりました。 悠介を応援すると言ってくれた人々が、佳代への変わらぬ愛を誓う悠介に背を向けて去っていきます。 正直、観ている側にもダメージありました。

が、春江は去り際に涙を浮かべながら悠介の決意を肯定するかのように頷き、退場するようになったのです。 これは本当に救いになりました。 めぐさん、ありがとう!と思いました。

 

放映スケジュールは↑Disneyチャンネル公式ページでご確認ください。  

「アイ・ラブ・坊ちゃん」再放送検討中になりました!

「泣かないで」再放送検討中になりました!