「ズボン船長」東京公演初日観劇のご報告

 

 

2016年7月15日(金)

ミュージカル「ズボン船長」
~FIFI AND THE SEVEN SEAS~

東京公演@天王洲銀河劇場 

初日拝見しましたので、簡単にご報告します。

入口左側にハタ坊の会からのお花があります!

海をイメージしたブルーのバルーンとお花の組わせです。

 

 

ロビーのバーでは、銀河劇場名物の公演をイメージしたオリジナルドリンクが販売されています。

 

左から「幽霊のぶどうジュース」「こがね色のメロディ」「カルナバルのフルーツパンチ」

 

キャストスケジュールは劇場に貼り出されてました。

公式サイトにも載っています。)

 

「ズボン船長」については昨年のレポートを読んでください!

さっき読み直してみましたが、簡潔に良く書けてましたので。(←自分で言う)

 

畠中さんは今回も五つ星海賊の親分ドドです。

昨年との一番大きな違いは…アイメイク!! ジョニー・デップ並みの濃いお顔にジャック・スパロウを意識したアイメイクになってました。いや~、これは似合いすぎです。

 

こちら、畠中さんが自撮りしてくださったお写真をいただきました!

このアイメイクに加え、すべての動作が派手でコミカルになっていて、飛んだり跳ねたり、子分たちに飛び蹴りしてズッコケたり、なんというか…Disneyアニメに出てくる憎めない悪役キャラみたいな感じです!

この役は子供にウケますねえ。きっとお稽古場でも大人気だったのでは?

 

今回も、休憩に入る時の場内アナウンスは、海賊の親分 畠中さんです!

関連グッズの販促から、喫煙コーナーの案内、場内でのマナーなど、全部まとめてドド親分の声で聴けますのでお楽しみに!

子供たちの弾けるパワーと、大人キャストの贅沢な歌声を堪能できる楽しい作品でした!

 

 

畠中さんからハタ坊の会のお花の写真と、お花とのツーショットもいただきました!

畠中さん、お写真ありがとうございました!